連載

戦後72年・核なき世界へ

毎日新聞デジタルの「戦後72年・核なき世界へ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

戦後72年・核なき世界へ

バーから伝えた8月6日 証言聞く会11年 被爆3世、37歳で死去 あす著書出版

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今月6日にあった140回目の「聞く会」で証言をする被爆者の寺本貴司さん。背景には冨恵さんの写真が張られていた=広島市中区で、山田尚弘撮影
今月6日にあった140回目の「聞く会」で証言をする被爆者の寺本貴司さん。背景には冨恵さんの写真が張られていた=広島市中区で、山田尚弘撮影

 広島市中区のバーで11年にわたって被爆証言を聞く会を開いたマスターが今月3日、37歳で亡くなった。被爆3世の冨恵(とみえ)洋次郎さん。広島生まれなのに原爆に無知だった自分を恥じ、証言を聞く場を自らの店に設けた。被爆者の思いや語り継ぐ大切さを伝えようと、冨恵さんが病に侵されながらつづったエッセーと会の記録が20日に出版される。【東久保逸夫】

 本のタイトルは「カウンターの向こうの8月6日」。冨恵さんは高校卒業後、20歳でバー「スワロウテイル」を構えた。被爆した祖母がいながら、原爆について客に聞かれても答えられず、もどかしさを覚えた。2006年2月から、原爆の日に合わせて毎月6日に聞く会を開催。「原爆を売り物にするな」と非難も浴びたが、新たな試みに多くの若者が足を運んだ。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文929文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集