メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉ニュータウン

2路線、バス停41カ所 住民の利便性向上 /千葉

新ルートで運行を開始した「生活バスちばにう」=千葉ニュータウン中央駅北口で

 北総線の高額運賃に苦しむ千葉ニュータウン(NT)の住民のための格安路線バス「生活バスちばにう」は18日、二つの新路線の運行を始めた。既存ルートにはなかったバス停が41カ所設けられ、利便性がアップした。

 バスは「北総線に代わる新たな移動手段を」という地元住民の強い要望を受け、鎌ケ谷観光バス(本社・鎌ケ谷市)が2014年6月、北総線の運賃の半額近い300円で千葉NT中央駅-新鎌ケ谷駅間でノンス…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです