大飯原発

府と5市町、協定結ぶ意向 関電と連絡会議 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大飯原発(福井県おおい町)半径30キロのUPZ(緊急防護措置区域圏)の府内5市町と府、関西電力が18日、京都市上京区のホテルで連絡会議を開いた。府は高浜原発(同県高浜町)を巡り関電と結んでいる原子力安全協定を大飯原発でも結ぶ意向を説明。関電側は「持ち帰って考えたい」と述べるにとどめた。

 大飯原発3、4号機が5月24日に原子力規制委員会の安全審査に合…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集