神戸製鋼

石炭火力発電の環境影響説明会 きょうから /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
130万キロワットの石炭火力発電所新設計画が進む神戸市灘区で開催された「石炭火力発電所の問題を考える集い」=神戸市灘区で、湯谷茂樹撮影
130万キロワットの石炭火力発電所新設計画が進む神戸市灘区で開催された「石炭火力発電所の問題を考える集い」=神戸市灘区で、湯谷茂樹撮影

 神戸製鋼所は19日から、神戸市灘区の神戸製鉄所で計画している130万キロワットの石炭火力発電所建設について、環境影響評価の説明会を神戸や芦屋市内の4会場で開催する。

 同製鉄所では2基計140万キロワットの石炭火力発電所が既に稼働中で、計画通り22年度に完成すると4基計270万キロワットとなる。同社はホームページで、製鉄設備一部廃止や国内最高水準の環境設備設…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集