メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

被爆1カ月後の広島 生活再建、胎動の芽 /広島

 広島原爆の投下から1カ月後の1945年9月、毎日新聞記者が撮影した写真は、焦土の片隅で生活再建に踏みだそうとする市民の姿も収めていた。現存する写真44枚を手に、広島原爆資料館の検証で判明した21カ所の撮影ポイントを歩いた。

 45年9月9~11日ごろ、毎日新聞大阪本社写真部に在籍した山上圓太郎と新見達郎の両記者が撮影した。焼け残った建造物や病院を視察する米軍調査団の写真が中心で、市井の人々を捉えたカットは数えるほどしかない。

 そんな中でも目を引くのは、広島駅前(地図<1>)のにぎわいを写した2枚だ。「ビール立飲所」の看板を…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです