伊方原発

1号機廃炉計画認可 放射性廃棄物、質問相次ぐ 県原発委専門部会、四電に /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 四国電力伊方原発1号機(伊方町)の廃炉計画が原子力規制委員会に認可されたことを受け、県伊方原発環境安全管理委員会(会長・上甲俊史副知事)の原子力安全専門部会が18日、松山市で開かれた。原子力規制庁の担当者から計画の詳細について説明があり、委員からは四電に対し放射性廃棄物の処分先などについて質問や意見が相次いだ。

 廃炉に伴い発生する放射性廃棄物の処分場所は決まっておらず、各事業者が場所を確保する責任を持つとされる。四電の担当者は「地元に置くか、別に廃棄場を構える必要がある。処分場所が決まるまで、当面は敷地内の貯蔵庫に仮保管する」と説明。委員からは「国や県も主体となって早急に決めてほしい」との意見も出た。この日の審議を踏まえ、次回以降の会合で環境安全管理委への報告書を取りまとめる方針。

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集