訃報

日野原重明さん 105歳=医師

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「元気に老いる」体現 命と平和訴え続け

 100歳を超えて現役の医師として活躍し、「元気に老いる」を体現した聖路加国際病院名誉院長で文化勲章受章者の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが18日、呼吸不全のため死去した。105歳。葬儀は病院葬として29日午後1時、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所。喪主は長男明夫(あきお)さん。

 1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒業後、41年に聖路加国際病院に内科医として赴任し、2012年に聖路加看護大(現聖路加国際大)理事長の座を退くまで71年間、一線で働き続けた。同病院名誉院長、同大名誉理事長に就任後も患者と言葉を交わしていた。病院によると、日野原さんと話すことが患者の生きがいや喜びにつながっていたという。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文643文字)

あわせて読みたい

注目の特集