メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

はびこる人たち=中村秀明

 <sui-setsu>

 「相談役」「顧問」という日本企業独特の役職の是非が議論になっている。

 相談役は社長や会長経験者、顧問はそれ以外の役員が辞めた後になるのが一般的だ。平均年齢は70歳近いだろう。「会社法」に定めはなく、置く置かないは各社の自由。ただの相談役では物足りないのか、「相談役最高顧問」「名誉相談役」「相談役名誉会長」と呼ばれる人もいる。

 権限も責任もあいまいな役職への疑問は、東芝の不正会計などがきっかけに起きた。相談役、顧問による役員…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです