メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外夏の甲子園 履正社が初優勝、星稜・奥川を攻略
記者の目

分譲マンション「漂流」防ぐには=安高晋(東京社会部)

8年前に突然、廊下が崩落したマンション。今もそのまま残されている=沖縄県浦添市で昨年9月、安高晋撮影

「業者任せの管理」脱却を

 分譲マンションと言えば、多くの人にとって人生で最も高い買い物になるだろう。だが、入居後の管理に関心を寄せる人は少ないようだ。そう言う私も、購入前は価格や業者を慎重に検討したのに、入居後はなんとなく管理会社に任せきりにしてきた。

 その無関心が将来の荒廃を招くだけでなく、既に一部の悪質業者のやりたい放題を許している。昨年11月と今年4月に連載した「マンション漂流」で、こうした実態を報告した。住民の意識を高め、業者ともうまく付き合うために必要なことは何か。改めて考えたい。

 マンションに関心を持ったのは3年前。空き家問題の取材がきっかけだった。危険な空き家の近隣住民や対応…

この記事は有料記事です。

残り1754文字(全文2052文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです