メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
英国

離脱へ第2回交渉 進展望み薄、EUとの溝深く

 【ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉の第2回会合が17日、ブリュッセルで始まった。英国に在留するEU加盟国出身者の権利保障やEUが英国に請求する「手切れ金」など離脱の条件を巡る初めての本格的な協議となり、4日間の日程で行われる予定。権利保障などを巡る英国の提案に対するEU側の反応は厳しく、大きな進展につなげることは難しそうだ。

 EU本部で17日午前に英国のデービスEU離脱担当相を迎えたバルニエ首席交渉官は、報道陣に「問題の本…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文540文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです