メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

人工知能を生かす企業活動=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 日本経済は厳しい人手不足に直面している。このため、企業は人手に代えてロボットや人工知能(AI)を活用する動きを活発化させている。例えば、多機能ロボットやAIを装着した各種の製品の開発、さらにはAIによる制御を組み込んだ生産・販売システムの改革などである。

 急速なAIの動きについて恐怖を感じる人もあろうが、技術進歩の歴史が示すように、利便性が勝れば広く活用されるようになる。実際、江戸時代は東京・大阪間を2週間かけて移動していたが、今は新幹線で2時間半である。

 もっとも、AIが人間の代わりに意思決定をするようになるからといって、全てがAIに任されるわけではな…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  5. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです