メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

人工知能を生かす企業活動=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 日本経済は厳しい人手不足に直面している。このため、企業は人手に代えてロボットや人工知能(AI)を活用する動きを活発化させている。例えば、多機能ロボットやAIを装着した各種の製品の開発、さらにはAIによる制御を組み込んだ生産・販売システムの改革などである。

 急速なAIの動きについて恐怖を感じる人もあろうが、技術進歩の歴史が示すように、利便性が勝れば広く活用されるようになる。実際、江戸時代は東京・大阪間を2週間かけて移動していたが、今は新幹線で2時間半である。

 もっとも、AIが人間の代わりに意思決定をするようになるからといって、全てがAIに任されるわけではない。AIを含む製品やシステムが信頼されるためには、最後には人間が判断する部分がしっかりと残されていなければならない。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです