メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックウオッチング

『定年後 50歳からの生き方、終わり方』 楠木新さん

「今、心配なことは何もない」と話す楠木新さん。でもその後、「『いっぱいあるやん』って嫁さんに反論されそう」と笑った=八木正撮影

 (中公新書・842円)

準備次第で輝かしい60代に

 「定年後」。副題は「50歳からの生き方、終わり方」。帯には「人生は後半戦が勝負」「自由にできる8万時間」「75歳までの『黄金の15年』」「『いい顔』で死ぬために」といった文句が並ぶ。読みたいような、読むのが怖いような……。著者の楠木新さんに「定年後」について聞いた。【井上志津】

 楠木さんは生命保険会社で人事・労務、経営企画、支社長などを経験。順調に出世していたが、47歳の時に…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1117文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです