メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『定年後 50歳からの生き方、終わり方』 楠木新さん

「今、心配なことは何もない」と話す楠木新さん。でもその後、「『いっぱいあるやん』って嫁さんに反論されそう」と笑った=八木正撮影

 (中公新書・842円)

準備次第で輝かしい60代に

 「定年後」。副題は「50歳からの生き方、終わり方」。帯には「人生は後半戦が勝負」「自由にできる8万時間」「75歳までの『黄金の15年』」「『いい顔』で死ぬために」といった文句が並ぶ。読みたいような、読むのが怖いような……。著者の楠木新さんに「定年後」について聞いた。【井上志津】

 楠木さんは生命保険会社で人事・労務、経営企画、支社長などを経験。順調に出世していたが、47歳の時に体調を崩した。「もっと頑張らなあかんという気持ちと、もうええかげんにしとかなあかんという気持ちが葛藤状態になって、力が出なくなりました」

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです