メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・調布の小型機墜落

過重量など複合要因 運輸安全委、報告書で推定

小型機が墜落、炎上し消火活動にあたる消防隊員ら=東京都調布市で2015年7月26日、本社ヘリから

 東京都調布市の住宅地に2015年7月、5人乗りの小型機が墜落して8人が死傷した事故で、国の運輸安全委員会は18日、調査報告書を公表した。重量オーバーや低速での離陸、行き過ぎた機首上げ姿勢の継続などが重なり、失速して墜落したと推定。一方、エンジンに不具合があったかや、機長がなぜ墜落に結びつく行動をとったかは解明できなかった。【酒井祥宏、柳澤一男】

 中橋和博委員長は「機体には飛行記録装置がなく、機長が死亡しどんな操縦判断をしていたかも明らかにでき…

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1532文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]