メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウ到着まで1年、総飛行距離の半分に 3回の着陸に挑戦へ

はやぶさ2のリュウグウ到着1年前にあわせ、現状と今後の計画を説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー。右は吉川真・ミッションマネジャー=東京都千代田区で、永山悦子撮影

津田プロジェクトマネジャーら会見

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、小惑星リュウグウに向かって航行中の探査機「はやぶさ2」について、リュウグウへの到着1年前に合わせたメディア向け説明会を開いた。津田雄一プロジェクトマネジャーと吉川真ミッションマネジャーが出席した。津田さんは「打ち上げから2年半は順調に飛行できた。この順調さが今後の順調さにつながるものではないので、1年後の到着に向けて引き続き気を引き締めてやっていきたい」と述べた。

 現在のはやぶさ2は地球から約1億8300万キロ、電波で約600秒かかる地点を航行している。リュウグ…

この記事は有料記事です。

残り5211文字(全文5480文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです