世界遺産センター

「逆さ富士」姿現す 水に映し正富士も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大鳥居の奥で、「逆さ富士」の外観を現した富士山世界遺産センター=2017年7月14日、高橋秀郎撮影
大鳥居の奥で、「逆さ富士」の外観を現した富士山世界遺産センター=2017年7月14日、高橋秀郎撮影

 静岡県が富士宮市宮町で建設している県富士山世界遺産センターは、工事が大詰めを迎えて周囲の足場が解体され、外観を現してきた。中央の展示棟は逆円すい形の「逆さ富士」が特徴的。世界文化遺産・富士山の調査、研究や情報発信の拠点として、12月23日の開館を予定している。

 センターは、構成資産の一つで富士山信仰の中心、富士山本宮浅間大社の南側に位置。設計は、建築界のノーベル賞と呼ばれる米プリツカー賞を受賞した坂茂(ばん・しげる)氏の事務…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集