メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博

入場料4800円で検討 会場は1.5倍に拡張

大阪港。手前右は国際博覧会(万博)の会場として想定されている夢洲=大阪市此花区で2017年1月、本社ヘリから三村政司撮影

政府提案書方針

 2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致を巡り、人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)で計画している会場の入場料を当日券4800円(大人)で検討していることが、誘致関係者への取材で19日分かった。割引の前売り券や障害者向けの特別割引も設ける方針で、入場券の売上額は2820万人の入場者数で計約700億円と見込む。政府が9月にも博覧会国際事務局(BIE)に提出する招致提案書に盛り込…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです