蓮舫代表

戸籍資料を公開「公党代表としての立場を勘案」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党の蓮舫代表を巡る日本と台湾の「二重国籍」問題で、蓮舫代表は18日、党本部で記者会見を開き、日本国籍の一部や台湾籍の離脱を示す証明書など複数の資料を示して自身の国籍が日本のみになっていることを説明した。蓮舫代表は「家族の了解が得られたことと、公党の代表としての立場を勘案し、資料の開示を判断した…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

あわせて読みたい

注目の特集