閉会中審査

自民、衆参半日ずつ 民進、24日だけに反発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
予算委員会開催を巡る与野党の対立点
予算委員会開催を巡る与野党の対立点

 自民党の竹下亘国対委員長は18日、民進党の山井和則国対委員長と国会内で会い、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題を巡る衆院と参院の予算委員会の閉会中審査に関し、24日に半日ずつ行う日程を提案した。山井氏は衆参で1日ずつ行うべきだと反発。質疑時間の配分でも、竹下氏が与野党等分を主張したのに対し、山井氏が慣例通りの「野党8、与党2」を要求して平行線に終わった。参考人招致でも折り合わず、19日以降も調整を続ける。

 自民側には、安倍晋三首相が追及の矢面に立つ時間を少しでも減らそうとする思惑がある。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文824文字)

あわせて読みたい

注目の特集