メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コストコ崩落事故

建築士3人も再び不起訴 東京地検

 2011年の東日本大震災でスーパー「コストコ多摩境店」(東京都町田市)の立体駐車場のスロープが崩落し8人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた建築士(70)の無罪が確定した東京高裁判決を受け、異例の再捜査を進めていた東京地検が18日、他の建築士3人を再び不起訴処分(容疑不十分)としたことを明らかにした。

 今回の処分により、事故を巡って捜査対象となっていた建築士計4人は、いずれも刑事責任を問われないことで決着することになった。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  4. 奥行き80cmの乾燥機ドラム内に入る…壊した容疑で男3人逮捕 滋賀・コインランドリー

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです