メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人類

地上生活は体温調節が始まりか 京大霊長類研究員

京都大がアフリカで確認したチンパンジーなどの行動

 京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の竹元博幸研究員は18日、人類が木の上から下りて地上生活を始めたのは体温調節が理由だったという新たな仮説を発表した。人類に最も近い類人猿のチンパンジーなどが、寒い雨期は樹上で、暑い乾期は地上で過ごす時間が多いことを確認したことが根拠という。人類の祖先が直立二足歩行を始めた経緯の解明に役立つ成果としている。

 二足歩行については従来、森林の減少によりサバンナに進出したことが理由とする「サバンナ仮説」が有力だ…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文754文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 元関脇の安美錦引退 関取最年長40歳 貴乃花から最後の金星

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです