メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人類

地上生活は体温調節が始まりか 京大霊長類研究員

京都大がアフリカで確認したチンパンジーなどの行動

 京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の竹元博幸研究員は18日、人類が木の上から下りて地上生活を始めたのは体温調節が理由だったという新たな仮説を発表した。人類に最も近い類人猿のチンパンジーなどが、寒い雨期は樹上で、暑い乾期は地上で過ごす時間が多いことを確認したことが根拠という。人類の祖先が直立二足歩行を始めた経緯の解明に役立つ成果としている。

 二足歩行については従来、森林の減少によりサバンナに進出したことが理由とする「サバンナ仮説」が有力だった。だが、440万年前の人類の祖先「ラミダス猿人」の化石がエチオピアの森林に近い環境で発見され、森林内で既に二足歩行を獲得していた可能性が高いとの研究成果が2009年に発表されて以降は、再考が迫られていた。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです