特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

身元確認で未入力ミス 岩手県警

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岩手県警は18日、東日本大震災の行方不明者のDNA型による身元確認作業で、親族らから提供を受けたDNA型の資料のうち1人分をデータベースに入力していないミスがあったと発表した。照合の結果、震災発生直後の2011年3月16日に大槌町内で見つかった遺体の身元を、同町本町の山崎正智さん(当時85歳)と確認した。

 県警によると、未入力のミスは5月ごろ、行方不明者のデータを再照合した際に発覚。県警は未入力の原因について「震災発生直後は提供数が多く、十分なチェックができなかった」と説明した。山崎さんの遺族に対しては、経緯を説明して謝罪し、今月14日に同町内の納骨堂から遺骨を引き渡した。他の入力ミスは見つかっていないという。

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文412文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集