メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知的障害者

入所25年超4割 進む高齢、重度化

施設入所者の入所年数

 大規模入所施設に入った知的障害者の4割以上が25年以上にわたって入所していることが、毎日新聞の全国調査で分かった。相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺された事件からまもなく1年。国は「施設から地域へ」を掲げ、障害者の地域移行を進めるとしているが、実際には入所者の高齢化と重度化が進み、7割以上の施設が現場の「人材不足」を課題と考えている。

 6~7月、津久井やまゆり園と同規模(定員100人以上)の全国120施設を対象にアンケートを実施し、70%から回答を得た。この結果、入所年数「25年以上」が全体(1万838人)の43%を占めた。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです