メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界シンクロ

あくなき挑戦続く 元日本代表スペンドラブ

世界水泳シンクロナイズドスイミングの混合デュエット・テクニカルルーティンで銅メダルを手にし、笑顔を見せるスペンドラブ佳奈子(左)とビル・メイ=ハンガリー・ブダペストで2017年7月16日午後1時1分、村上正撮影

 首から下げた銅メダルを見詰めながら「もっと良い色を目指していたけど、やっぱり(メダルは)うれしいですね」と笑顔がはじけた。水泳の世界選手権シンクロ混合デュエットで米国代表として出場したスペンドラブ(旧姓・北尾)佳奈子。2004年アテネ五輪の日本代表としてチームの銀メダルに貢献したスイマーは、12年ぶりの世界選手権出場を楽しんでいた。

 銀メダルを獲得した05年の世界選手権後に現役引退。次は水中での芸術性を追い求めるため世界最高峰のエ…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  5. 池袋暴走 高齢ドライバー対策の契機に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです