メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ウルグアイ

大麻解禁 密売組織弱体化へ安価で提供

 【サンパウロ朴鐘珠】南米ウルグアイで19日、嗜好(しこう)品としての乾燥大麻(マリフアナ)の市販が解禁された。価格は密売価格より7~5割安く設定されている。政府管理の下、安価で提供することで麻薬密売組織を弱体化させるのが狙い。地元紙が報じた。

 購入できるのは指紋認証システムに登録した18歳以上の市民で、登録を済ませたのは約5000人、うち男性が7割。19日現…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです