メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶんかのミカタ

博物館学芸員の仕事/上 未来のため「自由な学び」を=滋賀県立琵琶湖博物館学芸員・妹尾裕介

 『博物館』という児童文庫をご存じだろうか。1929年アルス社出版の素敵(すてき)な装丁の本で、著者は日本最初の考古学講座を開設した濱田青陵である。やさしい文章と絵によって仮想の考古博物館が展開され、濱田によるぜいたくなガイドツアーを楽しめる良本だ(国立国会図書館デジタルコレクションで無料閲覧可能)。

 本書で貫かれる「博物館とは学問をするところ」という考えが私の心に響く。博物館とは何か。あらゆる人々…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです