特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

青森大会 三沢、乱打戦制す 三本木、弘前東、八工大一も 3回戦へ /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【三本木-黒石】三回表三本木1死二塁、泉浩の適時打で生還する二塁走者の戸舘=青森市営野球場で
【三本木-黒石】三回表三本木1死二塁、泉浩の適時打で生還する二塁走者の戸舘=青森市営野球場で

 第99回全国高校野球選手権青森大会(県高野連など主催)は大会6日目の19日、青森市営野球場など4球場で1回戦2試合と2回戦9試合の計11試合が行われ、すべてのチームが初戦を終えた。

 1回戦の残り2試合は、弘前と春季県大会8強の青森東がそれぞれ勝利した。

 2回戦では、春季県大会4強の八戸工大一が聖ウルスラ学院を8-3で降して順調に勝ち上がった。また、同8強の三本木と弘前東も3回戦に駒を進めた。三沢が乱打戦を制して青森を降したほか、東奥義塾、青森工、三沢商、弘前実、青森中央も3回戦進出を決めた。

 20日は、2回戦3試合と3回戦6試合が行われ、春季県大会4強の青森山田、八戸学院光星、弘前学院聖愛などが試合に臨む。3回戦を突破すれば8強入りとなる。【北山夏帆】

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1938文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る