メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

山形市 郁文堂書店 よみがえった「サロン」 /山形

移転当時からの本棚(右)を活用するなど、工夫を凝らした

 山形市の中心地である七日町のはずれ、何の変哲もない木造モルタル2階建ての店舗用建物がたたずんでいる。戦前のものとは分かっているが、誰がデザインし、いつ建てられたのかは定かではない。2階部分は居住可能だったが、1階の店舗部分は顧みられることなく、10年間使われずにいた。

 「郁文堂書店」のシャッターは再び、この4月に上げられた。約半年間の徹底的なリノベーション(大規模改修)が施され、内外観を一新した。2階の外壁部分はモルタルの灰色が昭和レトロな雰囲気を醸し出し、1階は看板周りを格子木で飾るなどポップなイメージが調和する。

 店内は広々とした、視界を妨げるもののない素通しの空間に改修。もともとの天井の高さが約3メートルあり…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです