メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

許さない

性暴力の現場で(第2部)/2 訴えが次の被害防ぐ 自らの事件を描いた映画監督・水井真希さん /群馬

「あなたは何も悪くない」

 従来、強姦(ごうかん)罪(13日施行の改正刑法で強制性交等罪に改称)や強制わいせつ罪は、加害者を裁判にかけるには被害者の告訴が必要な「親告罪」だったが、今回の改正で、この規定はなくなった。ただ、事件化するには被害者の協力がなければ難しいことは変わらない。【山本有紀】

 犯人が捕まった時、自分以外の被害者がいることを初めて知った。警察に正式に被害を訴えるか迷っていた間に、次の事件は起きていた。「あの時、自分がすぐに行動していたら……」。映画監督の水井真希さんは自身の性被害体験を基に、性暴力をテーマにした映画を作った(2014年公開)。タイトルは「ら」。拉致の「ら」だ。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2138文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです