ラグビー

全国高校7人制大会 深谷が準決勝敗退 冬の花園へ「この負け生かす」 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【深谷-名護】前半6分、深谷の金川凌真(2年、中央)が相手選手を振り切りトライ=東京都江戸川区の江戸川区夢の島競技場で16日
【深谷-名護】前半6分、深谷の金川凌真(2年、中央)が相手選手を振り切りトライ=東京都江戸川区の江戸川区夢の島競技場で16日

 「冬の花園」「春の選抜」と並び、高校ラグビー全国大会の一つの「第4回全国高校7人制ラグビーフットボール大会」(日本ラグビー協会主催、毎日新聞社など後援)が15~17日、東京・江戸川区陸上競技場など4会場で行われた。全国から48校が参加し、県勢は2年ぶり3回目の深谷が出場した。

 大会は3チームごと16組に分かれて予選リーグを行い、各組の1位(カップ)、2位(プレート)、3位(ボウル)がそれぞれトーナメント方式で戦…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集