特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

新潟大会 北越が完封勝ち ベスト8出そろう /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【関根学園-北越】関根学園打線を完封し、試合後に仲間とハイタッチしながらグラウンドに集合する北越の渡辺一(中央)=柏崎市の佐藤池野球場で
【関根学園-北越】関根学園打線を完封し、試合後に仲間とハイタッチしながらグラウンドに集合する北越の渡辺一(中央)=柏崎市の佐藤池野球場で

 第99回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は19日、柏崎市の佐藤池野球場など2球場で4回戦3試合が行われ、8強が出そろった。

 今春の県大会で4強の関根学園と対戦した北越は三回、ボークで先制。主戦・渡辺一樹(3年)が8奪三振の好投で完封し、反撃を許さなかった。新潟工と対戦した東京学館新潟は九回、遠藤康平(2年)の左前適時打で2試合連続のサヨナラ勝ちを収めた。高田北城は今春8強の開志学園と対戦。先制し、五回、斉藤広夢(同)の右中間適時三塁打などで突き放し、7-2で降した。

 20日は新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで準々決勝4試合が行われる。【井口彩】

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1698文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る