メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 月組「All for One~ダルタニアンと太陽王~」 愛と勇気の冒険、力強く /兵庫

襲いかかる危険や困難に勇敢に立ち向かうダルタニアン(珠城りょう)=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団月組が宝塚大劇場で、浪漫活劇「All for One~ダルタニアンと太陽王~」(脚本・演出、小池修一郎)を上演している。【文・小寺裕子、写真・山田哲也】

 物語の舞台は「太陽王」と呼ばれたルイ14世(愛希(まなき)れいか)が治めるフランス。銃士隊の新入りダルタニアン(珠城(たまき)りょう)は王の剣の稽古(けいこ)相手に任命される。しかし王はダンスのレッスンに熱中し、剣術には興味を示さない。ある日ダルタニアンは、ブルボン王家を揺るがす王の秘密を知ってし…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「さすけねえか?」  綾瀬はるかさん、会津まつりでトークショー「気持ちは明るく」

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです