特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

広島大会 ノーシード大竹10得点 広島商は好継投、逆転 8強出そろう /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第99回全国高校野球選手権広島大会(県高校野球連盟など主催)は19日、4球場で4回戦8試合があり、ノーシード3校を含む8校が準々決勝に進んだ。ノーシードで春夏初の甲子園を目指す大竹は、3回戦で如水館を完封した宮島工から10得点。ノーシードの広島商は3投手が好継投して神辺旭に逆転勝ちし、尾道は瀬戸内に競り勝った。

 3年連続出場を狙う広島新庄は有村綜留、竹辺聖悟両投手の小刻みな継投で広を零封。広陵は11得点で美鈴が丘を圧倒した。

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1035文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る