バレーボール

世界U23男子選手権大会 東亜大の大宅、正近両選手が出場へ 市長表敬「上位を目指したい」 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
前田市長(右)に出場を報告する大宅選手(中央)と正近選手
前田市長(右)に出場を報告する大宅選手(中央)と正近選手

 8月18日からエジプトのカイロで開かれる世界U23男子バレーボール選手権大会に、日本代表チーム主将として参加する東亜大4年、大宅真樹選手(22)と代表初選出の同大2年、正近幸樹選手(19)が19日、下関市役所を訪れ、前田晋太郎市長に大会出場を報告した。

 大宅選手は長崎県出身で、小学1年からバレーボールを始め、大村工業高2年時にはユースの日本代表として世界大会に出場。今年5月に開…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集