メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ビヨンド2020 丸川・五輪担当相が来県 県庁東館など視察 /香川

香川県の担当者(左)から陶板壁画や完成当初からある椅子などの説明を受ける丸川五輪担当相(右から2人目)=香川県庁東館で、植松晃一撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック後も引き続き日本文化の魅力発信を図る「beyond(ビヨンド)2020プログラム」をPRするため、丸川珠代五輪担当相が19日来県し、県庁東館にある洋画家、猪熊弦一郎の陶板壁画や直島島内の現代アート作品類を視察した。

 丸川担当相は浜田恵造知事らの案内で、建築家の丹下…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです