メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内移住

まず高知市で 県と市、家電付お試し住宅 「合う地域のんびり探して」 /高知

 --『まずは高知市』でミスマッチを防げ! 県と高知市はこのほど、県内への移住希望者に、まずは「都市部」の高知市で生活してもらい、その後に自分に合った移住先を見つけてもらう「二段階移住」の取り組みを始めた。移住希望者は最長6カ月間、高知市内に用意された住宅を利用でき、その間ライフスタイルに合った仕事や地域を探してもらう。無理なく「田舎暮らし」へ移行できるようにするのが狙いだ。【岩間理紀】

 高知市内の住居は、同市一宮南町の県職員住宅を利用。2LDK。テレビや冷蔵庫、炊飯器などの家電や家具、食器、自転車なども市がそろえ、家賃は3万5000円ほど(敷金・礼金無し)。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです