メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

愛媛県砥部町 とべ動物園 自然に近い動物の姿を 30年目 開園時から工夫、最先端のスタイル /四国

アフリカゾウの大迫力の水浴びに見入る人々=愛媛県砥部町上原町の県立とべ動物園で、木島諒子撮影

 松山城や道後温泉と並ぶ愛媛の人気観光スポット、県立とべ動物園(愛媛県砥部町上原町)。開園30年目となる今年も、初の女性園長が誕生するなど話題を提供し続ける。人工哺育の最長生存記録を持つシロクマのピース人気も健在だ。節目を迎えた今、その魅力をさらに探ろうと同園を訪れた。【木島諒子】

 自然に囲まれた県総合運動公園内にある、とべ動物園は松山市中心部から車で約25分。飼育されているのは167種の動物(6月末現在)。ライオン舎やトラ舎には柵がなく、シマウマやキリン、ダチョウなどは広いパドックで一緒にのびのびと暮らしている。家族3頭で暮らすアフリカゾウが見られるのは、国内でここだけだ。

 「昔、道後温泉を旅行した時、『ギャー』という悲鳴が聞こえた。何事かと思ったら、クジャクの鳴き声だった」

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです