特集

九州北部豪雨

2017年7月、九州北部を中心に活発な前線の影響で記録的な大雨に見舞われ、大規模な河川の氾濫、住宅や施設の孤立が相次いだ。

特集一覧

九州北部豪雨

林野庁が現地調査 日田など今後の流木対策検討 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州北部豪雨で流木による被害が目立ったことから、林野庁や国立研究開発法人森林総合研究所などで構成する約15人のチームが19日、福岡県朝倉市、東峰村、日田市の3カ所の民有林や国有林について現地調査を始めた。今後の防災対策を検討するため。調査は20日まで行い、21日に調査概要を発表、10月をめどに中間…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

注目の特集