南スーダンPKO

日報非公表 疑惑ぬぐえず 稲田氏、経緯説明なく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
PKO日報隠蔽問題について報道陣に話す稲田朋美防衛相=防衛省で19日午後6時42分、長谷川直亮撮影
PKO日報隠蔽問題について報道陣に話す稲田朋美防衛相=防衛省で19日午後6時42分、長谷川直亮撮影

 稲田朋美防衛相は19日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報の隠蔽(いんぺい)を了承したとされる問題について「日報を非公表にするとか隠蔽を了承したことはない」と自らの関与を否定した。ただ、今年1月に陸上自衛隊内で見つかっていた日報の電子データが3月に報じられるまで公表されなかった経緯については一切説明しておらず、疑惑解明には程遠い状況だ。【木下訓明、真野敏幸】

 稲田氏が今年2月15日、防衛省幹部との緊急会議で、日報が陸自に電子データで残されていたことを非公表とすることを了承したとされる問題について、稲田氏は19日夜、記者団に「2月15日は断続的に国会対応に関して打ち合わせをしていたことは事実だが(電子データの)対応を決めるための緊急会議を開催した事実はない」と否定した。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文1002文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集