メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

問題多い高度プロ制度=大学院生・及川勝洋・61

 (さいたま市緑区)

 連合が「高度プロフェッショナル制度」を容認するらしい。唐突な執行部の方針転換に、傘下組合にも戸惑いが多いという。高度プロフェッショナル制度には問題が多い。自律的労働時間制度とは名ばかりであり、その裁量性に欠ける。

 労働基準法の時間保護が及ばない労働者の拡大であり、働く人々が普通の生活を営む権利すら否定しかね…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 国連事務総長が声明「核なき世界へ重要な一歩」 核兵器禁止条約発効

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです