メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権半年

米、保護主義に本腰 日本側、強まる警戒感

 米国のトランプ政権発足後、日米は両国の経済問題を話し合う「日米経済対話」を日本主導で設置した。2回目の会合は10月にも米国で開く。ただ、トランプ政権は当初抑制気味だった貿易分野で、保護主義的な政策の実現に本格的に動き出しており、日本側は今後の圧力の強まりに身構えている。

 今月8日、ドイツで開いた日米首脳会談で、米側は対日貿易赤字の是正を要求。日本の自動車市場の非関税障壁を問題視する姿勢も見せた。日米経済対話の枠組みで協議すべきだとの認識で一致したものの、これまで首脳会談で経済分野の具体的な要求は出なかっただけに、政府内では「ついにきたか」(経済官庁幹部)と警戒感が広がる。

 経済対話は、2月の日米首脳会談で日本側の提案で設置。4月に東京都内で開いた初会合は、「貿易・投資ル…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです