メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

沼田真佑さん=「影裏(えいり)」で第157回芥川賞に決まった

沼田真佑(ぬまた・しんすけ)さん(38)

 今年5月に文学界新人賞を受賞したデビュー作で、文壇への登竜門たる賞を射止めた。記者会見では激しいフラッシュを浴びた後、「まだ1作しか書いていないので頑張ります」と小さな声で言い、うつむいた。

 受賞作の主人公は30代の会社員男性、今野。首都圏から岩手県へ転勤して2年、そこで同僚の男の日浅と気が合い、共に川釣りに夢中になる。自然の細密描写が、男たちのささやかな生の喜びを格調高く歌い上げる。

 10歳の時に父親の部屋でビートルズの歌詞カードを見て「かっこいいな」と思ったのが文学原体験だ。「就…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです