メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

「ペンギン目線」の生態調査 バイオロギングが見せる意外な姿

 愛くるしい姿で、動物園での人気が高いペンギン。自然界での生態はよく分かっていなかったが、動物の体にカメラなどを取り付ける「バイオロギング」という調査手法で、南極での生態が明らかになってきた。暑い夏。ペンギンの姿でいやされてみては?【柳楽未来】

 ●高速で餌をゲット

 素早く泳いでオキアミの群れの中に乱入し、最大で1秒間に2回の速さで餌のオキアミをゲット。さらに、氷の下に張り付くように潜んでいた魚に近づき、素早く食らいついていく--。日本から1万4000キロ離れた南極・昭和基地周辺にすむアデリーペンギンの日常生活。陸ではよちよち歩くペンギンだが、水中では想像以上のスピードだ。

 2010年末に、南極地域観測隊に参加した国立極地研究所の渡辺佑基准教授(海洋生物学)らは、基地の近くにある営巣地で約20羽のペンギンの頭や背中に、小型ビデオカメラと加速度計を取り付けた。以降、11~12年と16~17年の計3シーズンにわたり調査した。「ペンギンに限らず、海の動物が餌を食べる姿をここまで詳細に調べた例はない」と渡辺さん。

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです