大相撲名古屋場所

白鵬、歴代最多勝タイ持ち越し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
御嶽海に敗れ、首をかしげる白鵬=望月亮一撮影
御嶽海に敗れ、首をかしげる白鵬=望月亮一撮影

11日目(19日・愛知県体育館)

 魁皇に並ぶ歴代1位の通算1047勝がかかった白鵬は、新関脇・御嶽海の速攻に不覚を取り、記録到達は持ち越し。夏場所初日からの連勝も25で止まった。御嶽海は勝ち越し。唯一1敗だった碧山が敗れたため、白鵬の単独首位は変わらず、碧山と阿武咲の平幕2人が2敗で追う。高安は玉鷲に敗れて3敗に後退。日馬富士は勝ち越して3敗を守り、幕内通算勝利数を698に伸ばして旭天鵬を抜き単独9位になった。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1664文字)

あわせて読みたい

注目の特集