メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

白鵬、歴代最多勝タイ持ち越し

御嶽海に敗れ、首をかしげる白鵬=望月亮一撮影

 魁皇に並ぶ歴代1位の通算1047勝がかかった白鵬は、新関脇・御嶽海の速攻に不覚を取り、記録到達は持ち越し。夏場所初日からの連勝も25で止まった。御嶽海は勝ち越し。唯一1敗だった碧山が敗れたため、白鵬の単独首位は変わらず、碧山と阿武咲の平幕2人が2敗で追う。高安は玉鷲に敗れて3敗に後退。日馬富士は勝ち越して3敗を守り、幕内通算勝利数を698に伸ばして旭天鵬を抜き単独9位になった。

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです