メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 バレーボール女子 五輪3大会連続出場 荒木絵里香(32)

女性アスリート支援などについて語り合った鈴木長官と荒木(右)=根岸基弘撮影

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」の2回目のゲストは、バレーボール女子で五輪には3大会連続で出場している荒木絵里香(32)=トヨタ車体。2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得し、14年1月の出産を経て、16年のリオデジャネイロ五輪に出場した。女性スポーツ支援に力を入れる鈴木長官と、育児と現役の両立の難しさや東京五輪への思いを語り合った。【構成・小林悠太】

 鈴木 長い間活躍されているイメージがあるので、32歳と聞くとお若い。

 荒木 そう言っていただける方がいて驚いています。バレーが好きで、やめようかと悩んだことはないです。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです