メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒマワリ

さあ太陽の季節 兵庫・佐用

一面に咲くヒマワリを楽しむ人たち=兵庫県佐用町で、小関勉撮影

 兵庫県佐用町の休耕田などで栽培されているヒマワリが見ごろを迎えた。強い日差しの中で大輪の花が咲き誇っている。

 町内6地区の計約24ヘクタールで、開花時期がずれるようにして約120万本が栽培され、見ごろは8月上旬まで。7月30日まで同町林崎の南光スポーツ公園周辺で「佐用町南光ひまわり祭り」がある。同…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです