メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第5部 死と向き合う/4 僧侶ネット派遣、急増

コラージュ・池田奈央

 「今のままでは寺が途絶える」。江戸時代から250年以上の歴史がある大阪市天王寺区の柳谷観音大阪別院・泰聖(たいしょう)寺の副住職、純空壮宏(じゅんくうそうこう)さん(40)は5年前、ある決断をした。インターネットを通じた「派遣僧侶サービス」への登録だ。抱える檀家(だんか)だけでは寺の運営は難しく、ネットの力に縁の広がりを託した。

 「日本全国 定額お布施」「檀家になる必要なし」。ネット上には今、こんなうたい文句のサイトがあふれ、…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1305文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです