メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第5部 死と向き合う/4 僧侶ネット派遣、急増

コラージュ・池田奈央

 「今のままでは寺が途絶える」。江戸時代から250年以上の歴史がある大阪市天王寺区の柳谷観音大阪別院・泰聖(たいしょう)寺の副住職、純空壮宏(じゅんくうそうこう)さん(40)は5年前、ある決断をした。インターネットを通じた「派遣僧侶サービス」への登録だ。抱える檀家(だんか)だけでは寺の運営は難しく、ネットの力に縁の広がりを託した。

 「日本全国 定額お布施」「檀家になる必要なし」。ネット上には今、こんなうたい文句のサイトがあふれ、…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1305文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]