山本地方創生相

獣医師会文書に反論「思い込みと混同」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
登庁し記者に囲まれる山本幸三・地方創生担当相=東京都千代田区で2017年7月20日午前9時21分、小出洋平撮影
登庁し記者に囲まれる山本幸三・地方創生担当相=東京都千代田区で2017年7月20日午前9時21分、小出洋平撮影

 山本幸三地方創生担当相は20日午前、学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する事業者に選ばれる前に、「四国に新設することになった」と日本獣医師会役員に伝えたとする同会内部文書について、「獣医師会側の思い込みと私の発言を混同したもので正確ではない。私からは『京都もあり得る』と述べた」と反論した。内閣府で記者団に語った。

 山本氏によると、昨年11月17日の面会で、「広域的に獣医学部が存在しない地域に限り新設を認めることになり、パブリックコメントを始めることになった。申し訳ないがご理解いただきたい」と発言したという。山本氏は「獣医師会側は『四国の今治』と決めつけた言いぶりで対応していた」と説明。内部文書について「思い込みで書かれた部分もある」と語った。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文534文字)

あわせて読みたい

ニュース特集