メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

「代替ウナギ」で商戦 ナマズ、パンも登場

ベトナム産パンガシウスを使用したイオンの「白身魚のふっくら蒲焼」=イオンリテール提供

 土用の丑(うし)の日(7月25日と8月6日)に向けて、ベトナム産の白身魚のかば焼きや天重、ウナギ形のパンなどウナギのかば焼きの代替商品を売り出す動きが広がっている。ウナギは高価格なうえ、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定された。各社は売り上げが最も伸びる土用の丑の日にウナギ以外の商品を充実させることで、食のイベント消費の拡大を狙う。

 イオンは今年初めて、ベトナム産の魚「パンガシウス」を使った「白身魚のふっくら蒲焼(かばやき)」(645円)を販売。ナマズの一種で、淡泊な味わいとやわらかい食感が特徴だ。近畿大が発明したウナギ味の「近大発なまずの蒲焼」を昨年に続き今年も売り出したが、人気のため一部店舗では品切れになっているという。「ナマズに続きパンガシウスも売り出していきたい」と同社。丑の日商戦の売り上げは前年同期比1割増を見込む…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 京大の時計台記念館を学生が“占拠” 職員とトラブル、機動隊出動し一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです