弘前城

石垣から「イカの形の謎の石」名は「いかすみ石」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
弘前城の天守台に組み込まれていたイカのような形をした石=青森県弘前市内で2017年7月19日、藤田晴雄撮影
弘前城の天守台に組み込まれていたイカのような形をした石=青森県弘前市内で2017年7月19日、藤田晴雄撮影

8月11日から、会場の本丸で展示

 本丸石垣の解体修理が進む弘前城(青森県弘前市)で、天守を支える石垣の四隅にイカのような形をした巨大な石が組み込まれていたことが分かった。弘前市はこの石を「いかすみ石」と命名。石垣修理体験イベントが開かれる8月11日から、会場の本丸で展示する。

 市によると、天守台上部の四隅に1個ずつ、計4個が組み込まれていた…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

あわせて読みたい

注目の特集