メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

小石に宿る「記憶」写す 写真家の比嘉良治さん

比嘉良治さん

 「ウエルカーム!」。真っ白な短髪にTシャツ姿で、満面に笑みをたたえた男性が、思い切り両手を広げ、ハグで出迎えてくれた。沖縄出身でニューヨーク在住の写真家、比嘉良治さん(79)だ。軍隊なき沖縄に向け、芸術写真を通して「平和の種」をまく姿は、現代の「沖縄のガンジー」にも映る。【鈴木美穂】

 東京アートミュージアム(東京都調布市)の展示室に入ると、高さ8メートルの吹き抜けが広がり、自然光が差し込んでいた。写真展「時がこもる浜・沖縄」。コンクリートの壁面に並ぶのは、比嘉さんが5~6年前から撮りためてきた沖縄各地の海岸にある石やサンゴなどを写した白黒写真約110点。岩肌や波しぶきにも独特の雰囲気がある。

 沖縄といえば、青い空と海、アダンの木の緑、ハイビスカスの赤など原色のイメージが強い。なぜ白黒なのか…

この記事は有料記事です。

残り3226文字(全文3576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです